banner

会社設立のための必要書類

会社設立をするための必要書類

会社設立をするためには様々な必要書類が必要となりますが、これらは何に必要なのかを把握しておく必要があります。もっとも大事な書類は登記申請書で、他のものは登記申請書の添付書類です。ですから、メインは登記申請書だと考えておきましょう。

その添付書類の中で重要なものの一つが払い込みに関する書類です。会社設立をするときには、会社を運営するために資本金が必要となります。これを払い込まなければならないのですが、特に難しい書類は必要なくて、たいていは代表者になる予定の人の個人の口座に振り込みをします。出資者の全てから振り込んでもらう事が必要となります。

ただし、日付には注意しなければなりません。株式会社設立をする場合、定款の認証手続きを先に行わなければなりません。ですから、振り込み日が認証日以降でなければなりません。もしも先に振り込んでしまった場合には、一旦引き出して、そしてもう一度改めて振り込まなければなりません。これが終われば、通帳のコピーをとって払込証明書を作ります。

資本金移管する書類は常に必要となります。しかし、状況によっては必要ではないものもあります。

例えば、発起人設立の場合には、必要書類として発起人の決定書が必要となります。これは、発起人全員の同意を持って本店所在地が決定されたことを証明するための書類です。

ですから、定款で本店所在地を番地まで記載していて、かつ電子広告以外の公告方法を選択している場合には、提出する必要はありません。

定款を作成するときには、最小行政区画までにとどめておくことが多いですから、多くの場合には作成しなければなりませんが、作成しなくて良いケースもあります。

会社設立をすれば、取締役や監査役などの役員を任命しなければなりませんが、任命された人はそれを受諾することが必要となります。

これが就任受諾書です。これも状況によって提出するものが異なります。例えば、取締役が一人だけの場合には、その人が自動的に代表になります。

ですから、わざわざ代表としての就任受託書を作成する必要はないのです。しかし、取締役が複数いて、その内の一人を代表とする場合には、その人は取締役としての州に受諾書と、代表取締役としての就任受諾書が必要となります。

このように、会社設立をするためには色々な書類を作成しなければなりませんが、状況によっては作成しなくても良い場合もあります。作成する前にどの書類が必要書類なのかをリストアップしておきましょう。

Copyright(c) 2014 株式会社設へ、必要なものと個人事業主から変更する流れを見やすくまとめAll Rights Reserved.