banner

必要な、定款について

株式会社設立に必要な、定款について

株式会社設立を設立する際は、会社の憲法とも言われる「定款」を作成しなければいけません。定款には、会社の設立目的や、本拠地の場所、基本的な決まり事等、大切な情報が記されています。これを作る方法は2種類から選択可能です。

1つ目は、紙媒体で書類を作る方法です。従来から行われてきた方法であり、自力で株式会社設立を行うのであれば、面倒が少ない方法と言えます。

2つ目は、電子媒体で書類を作る方法です。フロッピーディスク、CD-R、USBメモリ等、紙以外の新しい記録媒体が登場して以降に認められた方法です。こちらは自力で株式会社設立をする上では、面倒が多いものになります。

2つの方法で手間のかかり具合が異なるのは、書類を作るのに必要な準備が違うからです。

紙媒体で作る場合は、定款の書類を作り、公証役場で公証人の認証を得る形になります。一方、電子媒体で作る場合は、まず、書類を作るのに必要なソフトや機器を購入しなければいけません。使い方を覚える手間もかかりますので、自力で株式会社設立をするやり方としては不向きと言えます。

2つの方法を比較すると、紙媒体で作るのが賢明と言えます。しかし、株式会社を設立するには、より手間がかからず、費用を少なくする方法があるものです。手間と出費を抑えたい場合は、士業関係者が提供する株式会社設立代行サービスを利用しましょう。

このサービスは、弁護士、司法書士、行政書士、税理士の事務所で受け付けています。

士業関係者は電子媒体を上手く活用することで、定款を作る費用を大幅に削減可能です。利用料金は、この削減分を見越して抑えてあります。この為、士業関係者に支払う報酬を差し引いても、自力設立に比べて費用が数万円安くなるのです。

電子媒体の活用で数万円も費用を抑えられるのは、「収入印紙」が必要ないからです。紙媒体で作成すると、その文書は印紙税の課税対象になります。

この為、収入印紙を4万円分貼って消印を押すことで、納税をしなければいけません。しかし、電子媒体で作った場合は課税対象ではありませんから、収入印紙を購入することはありません。税金の支払いを避けた分だけ、費用を抑えることができるのです。

個人であれば、この1度の為だけに専用のソフトや機器を買う必要があります。

その合計価格は印紙税とほぼ同額なため、電子媒体を利用する価値はありません。しかし、ソフトも機器も、1度購入すれば何度でも利用できるものです。

士業関係者はソフトと機器を事務所に備え、より安く楽に株式会社設立ができるように整備することで、発起人の出費削減と事務所の利用促進に活用しているのです。

定款を作る2つの方法は、個人が自力で株式会社を設立するのなら紙媒体で作るのが賢明です。士業関係者に代行を依頼する場合は、電子媒体での作成を勧められるでしょう。

Copyright(c) 2014 株式会社設へ、必要なものと個人事業主から変更する流れを見やすくまとめAll Rights Reserved.